星の高さや間隔を測る簡単な方法

握りこぶし(グー)一個分が
約10度なので、これを利用する
他にもあるけど、これがシンプル。

試しに、手をグーにして、
片方の手を伸ばし自分の肩と
同じ高さまで上げる。
もう一方の手もグーにして、
伸ばしている手のグーの上に
乗せる。

そうしたら、下にあるグーを
上に乗せる、というのを
繰り返して行くと
ちょうど9回繰り返すと
手が真上に行くと思う。

つまり、グーが9個分で
水平(0度)から真上(90度)
に行くのでグー一個は約10度。

星の位置やみかけの大きさを
表現するとき、角度で表現する
んですよね。そんなとき、
手を伸ばしたときの握りこぶしが
約10度って覚えておくと
役立ちますよ。

ものの高さを測るための
三角測量をするときにも
使える手法です。
ぜひ試してみて下さい。


※次の占いモニター募集は4月を予定

※2/28 かさこフェス参加予定

YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
星空
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました