パソコンを買うときに追加の保証をつけるかどうかの考え方

これまでは心配性だからか
ついつい追加の保証に入って
きたけど、今回、デスクトップPCを
購入するにあたり、考えを
整理してみた。

結論としては、デスクトップは
標準保証の1年のみで、ノートPCは
標準保証の1年を含めた3年くらいが
基本かなと。

理由は、修理に出すかどうかを
考えたとき、私は丁寧に扱うからか
これまで使ったPCを修理に出した
ことは無かったので、基本、標準
保証以外の追加保証は不要。

でも、ノートPCは持ち歩くから
デスクトップよりは故障しやすくて
入っていた方が精神的に安心。
3年としたのは、3年を超えて
故障したらスペック的に
買い替えを検討しても良いのでは
という理由。

ただ、PCを3年から5年くらい使う
ことを想定していて、ノートPC
でも、1年くらいで買い替える
みたいな猛者だったら、標準保証
のみで当然良い。

また、デスクトップでもPCの価格
が高い場合(20万円を超えるか
どうかが一つの目安)は、標準
保証の1年を超えて3年以上の保証を
検討する。それは、保険のように
何かあった(故障した)ときに大きな
損害を被るから。20万円を超える
デスクトップを買う機会は無い
かも知れないけれど。

あと、保証にかかる費用も大事で
無料なら、ぜひ入るべき。でも
あまり安い場合、保証内容が微妙で
保証期間だからといっても
無償で修理してもらえない場合
もあるんじゃないかなと思う。
この場合は精神的な安心感のみ
得られる感じ。

今回は、基本通り、デスクトップで
標準保証のみにした。きっと
大丈夫だと思う。


※次の占いモニター募集は4月を予定
※モニターさんの感想など読めます → 占いモニターのページ

YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました