【初心者向け】Google XML Sitemapsの設定(ダッシュボード編) | WordPress

この記事では、WordPressプラグインであるGoogle XML Sitemapsの設定方法(ダッシュボード編)について説明します。

先に概要です。
Google XML Sitemapsの設定では「ダッシュボードでの設定」と「サイトマップのGoogleへの送信」が必要になります。
この記事では「ダッシュボードでの設定」を説明します。
プラグインさえインストールされていれば、ダッシュボードでの操作だけで完結します。
プラグインのインストール方法は、以下記事などを参考にして下さいませ。

ミサキ
ミサキ

私の方針は「最初から細かく設定せず、継続する中で設定を見直していく」です!

一応、検証で使ったWordPressとGoogle XML Sitemapsのバージョンを記載しておきます。
バージョンが異なると、表示も若干異なる場合があるからです。

  • WordPress 5.2.1
  • Google XML Sitemaps 4.1.0

Google XML Sitemapsの設定(ダッシュボード編)

ダッシュボードから「設定」→「XML-sitemap」をクリックします。

「設定」の「XMLSitemap」をクリック

「基本的な設定」の「通知を更新」にある以下項目にチェックを入れます。

  • Notify Google about updates of your site
  • Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site
  • サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加
「基本的な設定」にある「通知を更新」の設定

「投稿の優先順位」の「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れます。

「投稿の優先順位」の設定

「Sitemap コンテンツ」の以下項目にチェックを入れます。

  • ホームページ
  • 投稿 (個別記事) を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める。
「Sitemapコンテンツ」の設定

「Excluded Items」以降は、人によって設定が若干異なってくると思います。
「Excluded Items」の考え方としては「他者にとっては重要度が低そうなカテゴリにチェックを入れる」ですね。
つまり「日記」のようなカテゴリです。
私は「日常」「未分類」にチェックを入れています。

他者にとって重要度が低そうなカテゴリは含めない(チェックを入れる)

「他者にとっては重要度が低い」記事がGoogleに見つかると評価が下がり、検索順位も下がる可能性がある、そんなイメージですね。

「Change Frequencies」は、私は以下のように設定しています。
Googleにチェックして欲しい項目ほど頻度を上げています。
「メモ」に記載されているように、ここの設定はヒントと見なされるので、あまり神経質には考えていません。

「ヒント」と見なされるので、あまり神経質に設定していない。

「優先順位の設定 (priority)」は以下のように設定しています。
上記の「Change Frequencies」に対応し、頻度の高い項目ほど優先順位を上げています。

「Change Frequencies」の頻度の高い項目ほど優先順位を上げる

最後に「設定を更新」をクリックしたら、ダッシュボードでの設定は完了です。

「設定を更新」クリック、忘れずに!

おわりに

次回は「サイトマップのGoogleへの送信」について説明します。
Googleアカウントが必要になるので、準備しておきましょう!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました