2019年6月の星空情報

この記事では、2019年6月の星空情報をお伝えします。

先に概要を箇条書きします。

  • 今月の星空は希少価値があります。
  • 見つけやすいのは、天頂付近の「春の大曲線」です。
  • おすすめは木星です。

2019年6月の星空情報

今月の星空は希少価値があります

今月の星空は一年の中でも希少価値があると思います。
その理由は、6月は星空を見られる機会が一年でもっとも少ない時期だからです。

日本はこの時期、梅雨に入ります。
雲が出ていると、せっかくの星空も見えませんよね。

また、夜が短いという点もポイントです。
今年は22日が夏至で、夜の短さ(昼の長さ)がピークになります。

だからレアなんです、今月の星空は。

見つけやすいのは、天頂付近の「春の大曲線」

「春の大曲線」は見つけやすいと思います。
それは、良く知られている北斗七星からたどることができるからです。

まず、北斗七星を見つけましょう。
「ひしゃく」の形をしていますよね。
だいたい、空の高いところにあるはずです。

次に、ひしゃくの持つところを伸ばしていくと明るい星があります。
うしかい座の「アークトゥルス」です。
6月中旬の21時くらいなら、南の方に伸ばします。

そのまま伸ばすと、また明るい星があります。
おとめ座の「スピカ」です。
ポイントは弧(こ)を描くように伸ばす点ですね。

そのように伸ばしていった軌跡(きせき)が「春の大曲線」です。

春の大曲線

おすすめは木星

木星観測のチャンスです。

それは、この時期の木星は明るく、一晩中見えるからです。

6月11日の木星は地球を挟んで太陽と反対側の方向に位置します。
これを専門用語で「衝(しょう)」と言います。

衝の前後は、木星は地球に近いため大きく、そして、明るく見えます。
そして、太陽が沈むころ見えはじめ、日の出ころ沈むので、晴れていれば一晩中見えることもありますよ。

6月中旬の夜9時ころなら、南東の低い空に木星は明るく輝いています。

占星術では、木星は縁起の良い星とされています。
木星を見つけられたら、良いことがあるかも知れませんね!

おわりに

6月の星空、ぜひご覧ください!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました