QGIS (3.4.8 LTR) で、ポリゴン(面)の色分け・ラベル付け

この記事では、QGIS (3.4.8 LTR) で、ポリゴンを色分けしたり、ラベル付けしたりする方法について説明します。

先に概要です。
QGISを起動し、前回の記事でダウンロードしたシェープファイルを読み込みます。
色分けはレイヤプロパティの「シンボロジー」で、ラベル付けはレイヤプロパティの「ラベル」で行えます。
以降では、茨城県の市町村を色分けし、ポリゴンに市町村名を付ける作業を通して、色分け・ラベル付け方法を説明します。

ミサキ
ミサキ

塗絵みたいで楽しそう!


一応、現在使用しているQGISのバージョンを記載しておきます。
バージョンが異なると、表示や操作も若干異なる場合があるからです。

  • QGIS 3.4.8 LTR



少し、用語

「ポリゴン」は面を意味します。
関連する用語として、線を意味する「ライン」点を意味する「ポイント」があります。
少しずつ、慣れていきましょう。

ポリゴンの色分け

前回の記事を参考に、QGISを起動し、茨城県のシェープファイルを読み込みます。

レイヤーパネルの、シェープファイル名が表示されている箇所(赤枠)をダブルクリックします。

シェープファイル名をダブルクリック

開いたレイヤプロパティで「シンボロジー」をクリックします。

「分類された」を選択し、カラムは「N03_004」を選択します。
「N03_004」は市町村名が格納されたカラム(列)です。

レイヤプロパティの「シンボロジー」

「分類」をクリック「OK」をクリックすると、市町村単位でポリゴンが色分けされます。

市町村単位でポリゴンが色分けされました!

ポリゴンのラベル付け

先ほどと同様に、レイヤプロパティを開きます

開いたレイヤプロパティの「ラベル」をクリックします。

「単一のラベル」を選択し、ラベルは「N03_004」を選択します。

レイヤプロパティの「ラベル」

「OK」をクリックすると、ポリゴン上に市町村名が表示されます。

飛び地や離れ小島にも市町村名が表示。

バグでしょうか?
同じ市町村名が沢山表示されている箇所がありますね。

これはバグではありません。
このような表示になるのは、飛び地や離れ小島にもラベル付けをしているからです。

小さなポリゴンには、ラベル付けしないようにしましょう。

もう一度、レイヤプロパティを開き「ラベル」をクリックします。

「描画」をクリックし、「これより地物が小さい場合ラベリングを行わない」の値を「3.00 mm」にします。

「描画」の設定を変更します。

「OK」をクリックすると、同じ市町村名は一つしか表示されなくなります。

同じ市町村名は一つに!

おわりに

ぜひ、ご自身がお住まいの都道府県でも行なってみて下さい。
新たな発見があるかも!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 市町村名の表示は以前行いましたが、復習です。レイヤーパネルでシェープファイル名をダブルクリックし、レイヤプロパティを開きます。 […]

  2. […] シェープファイルへのCSVデータの結合はこちら、市町村名の表示はこちらを参考にして下さい。 […]

  3. […] 細かい点はいつかまとめます。とりあえず動かしましょう!また、この記事はQGISのこちらの記事と対応しています。 […]

  4. […] データセットの作成がポイントです!また、この記事は、QGISのこちらの記事と対応しています。 […]

  5. […] QGIS (3.4.8 LTR) でシェープファイルを読み込む方法QGIS (3.4.8 LTR) で、ポリゴン(面)の色分け・ラベル付け […]

タイトルとURLをコピーしました