CSVデータをシェープファイルに結合する | QGIS 3.4.8 LTR

この記事では、CSVデータをシェープファイルに結合する方法について説明します。

先に概要です。
まず、シェープファイルとCSVファイルをQGISに読み込みます。
シェープファイルのレイヤプロパティの「結合」画面で、プラス記号で表された「新しい結合の追加」をクリックします。
そこでの「結合フィールド」と「ターゲットフィールド」の指定により、CSVデータはシェープファイルに結合されます。


ミサキ
ミサキ

データを結合できるようになると、例えば、数値(人口など)に応じた色分けができます。
楽しいですよ!


一応、現在使用しているQGISのバージョンを記載しておきます。
バージョンが異なると、表示や操作も若干異なる場合があるからです。

  • QGIS 3.4.8 LTR



CSVデータをシェープファイルに結合する

これまでに使ったシェープファイル(茨城県)とCSVデータ(茨城県の将来推計人口)をQGISに読み込みます。

もしシェープファイルが無ければ、こちらを参考にダウンロードして下さい。
CSVデータは少しアップデートしたので、こちらから改めてダウンロードして下さい。

アップデートしたCSVデータは、結合に使う「コード」列のデータ全てに対し、先頭に’0’を付与してあります。
そうしないと、シェープファイルと結合できないからです。

レイヤーパネルに表示されているシェープファイル名をダブルクリックします。

レイヤーパネルです

「結合」をクリックし、プラス記号で表された「新しい結合の追加」をクリックします。

「結合」の画面で「+」印(新しい結合の追加)をクリック

「結合フィールド」は「コード」「ターゲットフィールド」は「N03_007」にし「OK」をクリックします。

「結合フィールド」と「ターゲットフィールド」を指定し「OK」をクリック!

「OK」をクリックします。

結合、完了です!

これで結合されました。

正しく結合されたかどうか、確認しましょう。

レイヤーパネルに表示されているシェープファイル名にカーソルをのせて右クリックし、「属性テーブルを開く」をクリックします。

「属性テーブル」を開きます!

下図のように、7列目以降にデータがあれば、正しく結合されているはずです。

CSVデータが結合されました!

おわりに

今回のデータは保存(プロジェクトの保存)をしておいて下さい。
次回このデータを使い、結合したデータに基づくポリゴンの色分けをやろうと思います。
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 前回行なった、 CSVデータ(将来の推計人口)が茨城県のシェープファイルに結合している状態を前提とします。まず、色分けした結果の解釈のため、市町村名を表示させましょう。 […]

  2. […] シェープファイルへのCSVデータの結合はこちら、市町村名の表示はこちらを参考にして下さい。 […]

  3. […] CSVデータをシェープファイルに結合する | QGIS 3.4.8 LTR […]

  4. […] left_joinを始めとした結合系の関数、私の使用頻度は高いです。基本的な関数なので、ぜひ覚えて下さい!また、この記事は、QGISのこちらの記事と対応しています。 […]

  5. […] データ結合のためのCSVデータ読み込み(前編)| QGIS 3.4.8 LTRデータ結合のためのCSVデータ読み込み(後編)| QGIS 3.4.8 LTRCSVデータをシェープファイルに結合する | QGIS 3.4.8 LTR […]

タイトルとURLをコピーしました