数値に基づくポリゴンの色分け(ルール別) | QGIS 3.4.8 LTR

この記事では、数値に基づくポリゴンの色分け(ルール別)法について説明します。

先に概要です。
前提として、色分けに使う属性データ(例えば、人口など)がシェープファイルに結合されているものとします。
処理の流れとしては、まず、シェープファイルのレイヤプロパティの「シンボロジー」画面で「ルールに基づいた」を選択します。
「ルールの追加」をクリックするとルールを編集するウィンドウが開くので、「ラベル」「フィルター」「色」を決めます
「ルールの追加」クリックから「色」の選択までを必要なだけ繰り返すと、ルールに基づいた色分けができます。


ミサキ
ミサキ

「ルールに基づいた」色分けは、このブログのために初めて使いました!
ルールが多いと、プログラムを使った方が良さそうですね。


一応、現在使用しているQGISのバージョンを記載しておきます。
バージョンが異なると、表示や操作も若干異なる場合があるからです。

  • QGIS 3.4.8 LTR



数値に基づくポリゴンの色分け(ルール別)

準備

茨城県のシェープファイルにCSVデータ(将来の推計人口)が結合されている状態を前提とします。
また、市町村名を表示させておきましょう。
市町村名を表示させる理由は、結果の解釈のためです。

シェープファイルへのCSVデータの結合はこちら、市町村名の表示はこちらを参考にして下さい。

ルールに基づいた色分けの実施

2020年の人口が2015年の人口の
102%以上 → 「増加
98%以上 102%未満 → 「横ばい
98%未満 → 「減少
というルールで、市町村を色分けしましょう。

レイヤーパネルでシェープファイル名をダブルクリックし、レイヤプロパティを開きます。

レイヤプロパティを開きましょう!

「シンボロジー」の画面にし、「ルールに基づいた」を選択します。
そして、「フィルターなし」と表示されている行をダブルクリックします。

レイヤプロパティの「シンボロジー」画面

開いたウィンドウで、以下の操作をして下さい。

・「ラベル」には「増加」を入力
・「フィルター」には「”kekkahyo1_ibaraki_2015-2045_cy2020″ >= 102」を入力
・「色」はお好みです。迷ったら「赤っぽい色」で。
「OK」をクリック

「増加」のルールを編集

次は、「横ばい」のルールを編集します。
+印(ルールの追加)をクリックします。

+印(ルールの追加)をクリックします

開いたウィンドウで、以下の操作をして下さい。

・「ラベル」には「横ばい」を入力
・「フィルター」には「”kekkahyo1_ibaraki_2015-2045_cy2020″ < 102 AND “kekkahyo1_ibaraki_2015-2045_cy2020” >= 98」を入力
・「色」はお好みです。迷ったら「白っぽい色」で。
「OK」をクリック

「横ばい」のルールを編集

最後のルール「減少」を追加しましょう。
+印(ルールの追加)をクリックします。

開いたウィンドウで、以下の操作をして下さい。

・「ラベル」には「減少」を入力
・「フィルター」には「”kekkahyo1_ibaraki_2015-2045_cy2020″ < 98」を入力
・「色」はお好みです。迷ったら「青っぽい色」で。
「OK」をクリック

「減少」のルールを編集

最後に「OK」をクリックしてください。

「OK」をクリック!

これが、ルールに基づいて色分けされた茨城県の地図です。

2020年の推計人口(茨城県)

今回のルールに基づくなら、大半の市町村が青色なので、人口減少ですね。
「守谷市」「つくばみらい市」「つくば市」の並びが赤色で、人口増加です。
理由は何でしょうか?

実は、これらの地域はつくばエクスプレスの沿線です。
そのことが、人口増加の一因になっているのかも知れませんね。

おわりに

お疲れさまでした。
つくばエクスプレスの路線図も、一緒に表示したいですね。
今度、試してみます!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 前回行なった、シェープファイルをルールに基づいて色分けする場合を例にとって説明する。 […]

  2. […] こちらで行なったように、ポリゴンの色分けがなされている状態で、凡例表示の方法を説明をします。 […]

タイトルとURLをコピーしました