QGIS(3.4.8 LTR)で凡例を表示させる方法

この記事では、QGIS(3.4.8 LTR)で凡例を表示させる方法について説明します。

先に概要です。
凡例は、プリントレイアウトの画面(Ctrl + Pで新規作成)で表示させることができます。
プリントレイアウトの画面の左側にある、凡例の追加ボタンをクリックし、凡例を表示させたい箇所の左上から右下までをドラッグすると、凡例が表示されます。


ミサキ
ミサキ

凡例が表示できるのは、プリントレイアウトの画面なんですよね。
最初、シェープファイルの編集画面で表示させようと頑張っていました (^^;


一応、現在使用しているQGISのバージョンを記載しておきます。
バージョンが異なると、表示や操作も若干異なる場合があるからです。

  • QGIS 3.4.8 LTR



凡例を表示させる方法

こちらで行なったように、ポリゴンの色分けがなされている状態で、凡例表示の方法を説明をします。

「プロジェクト」→「新規プリントレイウト」をクリックします(もしくは、Ctrl + P)。

「Ctrlキー」を押しながら「P」を押してもOKです

プリントレイアウトのタイトルとして「茨城県の将来推計人口」を入力「OK」をクリックします。

プリントレイアウトの名前を付けます

新しい地図をレイアウトに追加するボタン(下図参照)をクリックします。

地図をレイアウトに追加します

地図を表示させたい箇所の左上から右下までをドラッグすると地図が表示されます。
その後、新しい凡例をレイアウトに追加するボタン(下図参照)をクリックします。

地図を追加した後、凡例を追加するボタンをクリックします

地図のときと同様、凡例を表示させたい箇所の左上から右下までをドラッグすると凡例が表示されます。
そして、凡例を編集するため、右側のCSVファイル名が表示されている箇所をダブルクリックします。

凡例を追加した後、凡例の編集を行います

入力欄の内容は削除し「OK」をクリックします。

入力欄は空で「OK」クリック

次に、シェープファイル名が表示されている箇所をダブルクリックします。

凡例の編集を進めます

入力欄には「2020年の将来推計人口」を入力「OK」をクリックします。

テキストを入力し「OK」クリック

凡例のタイトルは、本来タイトル欄を使って編集すべきかも知れません。
しかし今回は、手軽に行える方法として、上記を採用しました。
ちょっと微妙かも知れませんね。
ちゃんとやるときはタイトル欄を使いましょう

せっかくですので、 左上のプロジェクトを保存するボタンで、保存しておいて下さい。

保存します

おわりに

お疲れさまでした。
凡例が表示されると、ちょっと作り込んでいる感がありますよね。
次回は、スケールバーを表示させようと思います。
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 前回の作業が完了した状態をもとに、スケールバーの表示方法を説明をします。しかし、ポリゴンが色分けされていたり、凡例が表示されていたりする必要はありません。プリントレイアウトの画面に地図が表示されていれば、OKです。 […]

  2. […] QGIS(3.4.8 LTR)で凡例を表示させる方法 […]

  3. […] QGIS(3.4.8 LTR)で凡例を表示させる方法QGIS(3.4.8 LTR)でスケールバーを表示させる方法QGIS(3.4.8 LTR)で方位記号を表示させる方法 […]

タイトルとURLをコピーしました