初めての裁判傍聴で分かったこと3つ

2019年6月26日、市川簡易裁判所で裁判を傍聴してきました。
裁判傍聴で分かったことをまとめます。

記事の要点です。
・法廷に入れるのは開廷の15分前
・裁判中の雰囲気は、思ったよりも堅苦しくない
・冷房が効き過ぎている場合があるので、夏場は羽織るものがあると良い

ただし、この記事の内容は今回に特有のことかも知れません。
あくまでも事例の一つとして参考にしてください。

裁判を傍聴した理由

関心のあるNHKの裁判だったからです。
特に「NHKをぶっ壊す!」の立花孝志さんが「ぜひ傍聴に」とYouTubeでおっしゃっていて、「それはぜひ傍聴したい」との思いになりました。
ただ、平日なので迷いました。
しかし、運よく大事な打合せが延期になり、直前にも関わらず休みもとれたので、傍聴することにしました。

裁判が開かれたのは、千葉県市川市にある市川簡易裁判所です。
法定(第一法廷)の広さは小会議室くらいで、傍聴人席は16席でした。

分かったこと3つ

入廷できるのは開廷15分前

法定に入れるのは開廷15分前のようです。
NHK裁判の前にあった13:30から始まった裁判(?)も15分前に入れましたし、14:00からのNHK裁判も13:45頃に入廷できました。
私はぜひ傍聴したかったので、席が埋まらないように早めに(12:00過ぎに)裁判所に到着しましたが、ちょっと早過ぎでしたね。
入廷するまでは、廊下の長椅子に座っていました。
裁判所のウェブページに、入廷時間の目安を書いていただけると助かります

今回は傍聴券がいらない裁判でしたが、注目が高かったようで傍聴席(16席)全てが埋まりました。
でも、13:45の段階では2、3席空いていたので、傍聴券がいらない裁判なら15分前でも傍聴できるのではないでしょうか。

思ったよりも堅苦しくない

裁判中の雰囲気は、想像していたよりも堅苦しくなかったです。
傍聴人や原告・被告さんはカジュアルな服装の方が多かったです。
さらに、(13:30からの裁判では)傍聴人の中には開廷中もスマフォを見ている人がいたり、スマフォの通知音が聞こえたりもしました。

私は初めての傍聴だったので、服装はYシャツにスーツ(下)、そして、入廷前からスマフォの電源は切っておきました。
周囲に比べると、堅苦し過ぎだったかも知れませんね。
裁判の内容にもよるとは思いますが、もう少し肩の力を抜いても良いかなと。

あと、NHK裁判では、法廷でのびっくり発言に傍聴人席から「えっ?」という反応が声として漏れ、裁判官から「静かに」と注意される一幕もありました。

夏場は羽織るものを

夏場は羽織るものがあると良いかも知れません。
法廷の冷房が効き過ぎていたり、冷房の近くに座ったりする場合があるからです。

今日は法廷に入ったとき、とても涼しく感じました。
梅雨の晴れ間でちょっと暑かったからでしょうか、法廷の冷房が強めだったのかも知れません。

今回は特に問題ありませんでしたが、せっかく傍聴するのに、寒さで裁判に集中できないと勿体ないですよね。
あと、裁判中にトイレに立つのも、周囲に迷惑がかかるので避けたいですし。

おわりに

裁判の傍聴は継続したいなと思います。
NHK問題に限らず、私の中で法への関心が高まっているので。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 時間が経つにつれ次第に満席になっていきました。裁判の傍聴と同様、私が早過ぎただけだったようです。 […]

タイトルとURLをコピーしました