【占星術】アスペクトについては肯定的です。

この記事では、占星術のアスペクトについて肯定的な見解を述べます。

記事の要点です。
・アスペクトは天体どうしがなす角度のこと
・星座とは違い、アスペクトは整合性が保たれている
・占いの根拠もありそうなので、とても気になる


ミサキ
ミサキ

アスペクトには、何かありそうです!



アスペクトとは

天体どうしがなす角度のことです。

代表的なアスペクト一覧は以下になります。

・0度(コンジャンクション
・60度(セクスタイル
・90度(スクエア
・120度(トライン
・180度(オポジション

セクスタイルトラインは「ソフトアスペクト」、日本語では「吉座相」と呼ばれています。
一方、スクエアオポジションは「ハードアスペクト」、日本語では「凶座相」です。
「吉」や「凶」が使われているので、ソフトアスペクトは良くて、ハードアスペクトは悪いものと思えますが、解釈次第であり、必ずしもそうでは無いようです。

ちなみに、コンジャンクションは日本語で「合(ごう)」と表現されます。

アスペクトは整合性が保たれている

これまでに指摘した星座のような矛盾は、アスペクトには無いと思われます。

それは、星座のように地球の歳差運動(さいさうんどう)の影響を受けないからです。

つまり、古代の人のアスペクトの計り方と、現代人のアスペクトの計り方に違いはないということです。

一方、誕生星座については、古代人と現代人では決め方が異なります
古代の人の決め方は、人が生まれたときに太陽が滞在している星座を誕生星座とします。
しかし、現代人の決め方は、太陽が実際に滞在している星座(例えば、うお座)の次の星座(例えば、おひつじ座)を誕生星座としています。
その理由は、ホロスコープをもとに誕生星座を決めると、地球の歳差運動の影響を受け、星座一つ分のズレが生じるからです(こちらを参照)。

ともかく、アスペクトは現代においても整合性が保たれているので、私は興味を持っています。

根拠もありそうなので、気になります

さらに、根拠がありそうなので、関心が惹かれます

根拠の一つは、天体の「引力」です。
例えば、干潮や満潮といった潮のみちひきは、月の引力がひきおこしていますよね。
本当に微弱ですが、私たちは天体の影響を受けていて、天体の配置(アスペクト)が異なると引力も変わるので、その影響も異なってくるのではないかと。
また、生まれた瞬間はとても敏感なので、影響を受けやすいのかも知れません。

もう一つは、「ニュートリノ」です。
2002年と2015年、ニュートリノの研究で日本人研究者がノーベル賞を受賞されました。
ニュートリノは宇宙のはるか彼方から飛んできて「天体」や「私たち」の体を通過していきます。
それも、1秒間に100億以上も!
ここで大事なのは「天体」や「私たち」の体を通過しているという点です。

つまり、ニュートリノが天体の性質を私たちに運んできてくれていると考える。
そして、生まれたときの天体の配置しだいで、ニュートリノが運んでくれる天体の性質も変わるので、性格や運勢も人によって変わる。
このように考えると、おもしろいですよね。

おわりに

今回は、アスペクトについては肯定的であることを記事にしました。
これまで説明したように、私は占星術における星座やハウスについては懐疑的ですが、アスペクトについては肯定的で興味を持っています。
生まれたときの天体の配置とその人の性格や運勢、どのような関係があるのでしょうか。
調べてみたいです。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました