占星術の歴史:テトラビブロスから現代まで

この記事では、テトラビブロス以降の占星術の歴史を、自然科学史に沿って説明します。
テトラビブロスまでの歴史は以下をご覧下さい。

記事の概要です。
・ 17世紀、宇宙観の変化に伴い、占星術は学問体系から離れていった
・18-20世紀に発見された天体を取り込み、占星術は現在の形になった


ミサキ
ミサキ

私(理学博士)が得意な自然科学史に沿って説明します。
大きな流れを捉えましょう!



占星術の学問からの分離

17世紀に、占星術は学問と見なされなくなります
それはニュートンの理論に因るところが大きいです。

ニュートンは万有引力の法則を発見した人ですよね。
万有引力の法則は、全ての物体には引き合う力がはたらくというもの。
ポイントは、その法則が「天上でも地上でも同じようにはたらく」という点です。

占星術(中世)の宇宙観は、天上と地上はそれぞれ異なる法則で支配されており、天上の物体の動きは地上の何かを教えてくれている、というようなもの。
その占星術の宇宙観が、ニュートンによって否定されました。
そして、他の学者の宇宙観もニュートンにならって変化し、占星術は学問から切り離されるようになります。

天体が発見され、現在の形に

占星術は、18-20世紀に発見された天王星(1781年)・海王星(1846年)・冥王星(1930年)を新たに取り込みます
それ以前の占星術では、太陽・月・水星・金星・火星・木星・土星の7天体が用いられていました。
新たに3天体を取り込んだことで、計10天体が用いられる現在の形になったわけです。

天王星・海王星・冥王星は、土星を越えた所にあるので、トランスサタニアンと呼ばれることもあります。
ちょっと格好良い呼び方ですね。

実は、冥王星が見つかる前には、多くの小惑星も見つかっています。
そのため、小惑星を含めたホロスコープもあります。

おわりに

今回は占星術の歴史として、テトラビブロス以降の占星術の歴史を、自然科学史に沿って説明しました。
自然科学史に沿って説明した理由は、テトラビブロス以降の歴史はとても複雑そうだったからです。
大きな流れを把握してから、細かいところを抑えていきましょう!
前回と今回で、大きな流れは把握できると思います。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 記事一覧:占星術の問題点: 古代(占星術)と現代(実際)の星空の違い【占星術】星座をずらしても当たらない、当たっているのは偶然占星術の残念な点:ハウス【占星術】ASC・DSC・MC・IC は当てにならない【占星術】アスペクトについては肯定的です。占星術の歴史:起源からテトラビブロス(占星術書)まで占星術の歴史:テトラビブロスから現代まで […]

タイトルとURLをコピーしました