2019年7月の星空情報

この記事では、2019年7月の星空情報をお伝えします。

記事の概要です。

  • 七夕の星空は、旧暦の七夕(8月)に見ましょう。
  • 東の空(21時ころ)で、夏の大三角が見られます。
  • 月末は流れ星(みずがめ座δ流星群)を見るチャンスです。



七夕の星空は旧暦の七夕で

七夕の星空は、旧暦の七夕(8月)の方が見やすいです。

現在使われている新暦では、七夕(7月7日)は梅雨の時期と重なるため、星空が見にくいんですよね。
旧暦の七夕は8月なので梅雨が明けています
さらに、おりひめ星(ベガ)・ひこ星(アルタイル)の位置も高いので、観測条件は良好です。

新暦に変わった明治以前は、旧暦の7月7日、現在でいう8月12日頃が七夕でした。
今でも仙台七夕まつりなどは旧暦で開かれていますよね。
ただ、仙台七夕まつりは正確な旧暦の七夕ではなく、新暦七夕の1か月遅れ(8月6日から8日)で開かれているようですね。
月遅れとしているのは、正確に旧暦七夕に開催すると、開催日が毎年少し変わってしまうからだと思います。

東の空に夏の大三角

午後9時頃、東の空に夏の大三角が見られます。
夏の大三角は、こと座のベガ(おりひめ星)・わし座のアルタイル(ひこ星)・はくちょう座のデネブを結んだ三角形です。
七夕の星が登場するので、ご存知の方も沢山いらっしゃると思います。

毎日、決まった時間に夏の大三角を眺めてみて下さい。
日に日に位置が変わっていくことに気づくと思います。
夏休みの自由研究にちょうど良いかも知れませんね。

月末に流れ星:みずがめ座δ(デルタ)流星群

今月末(7月27日~8月3日頃)には流れ星が見られるかも知れません。
見ごろは、深夜0時から2時の間くらいで、1時間に6個程度は見られるとのこと。
方角は、照明などに照らされていなければ、どの方角でも良いです。

この流れ星は、みずがめ座δ(デルタ)流星群と呼ばれています。
「δって何?」と思われるかも知れませんが、これはバイエル符号と言います。
星座ごとに、明るい星から順番にα、β、γ、…とギリシャ文字の小文字が付けられています。
α、β、γ、δ…の順番なので、みずがめ座δはみずがめ座の中で4番目に明るい星。
そのみずがめ座δが放射点となっている流れ星なので、みずがめ座δ(デルタ)流星群と呼ばれています。
放射点は、流れ星が飛び出してくる(ように見える)点のことです。

おわりに

7月の星空、ぜひご覧ください!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 先月お伝えしたように、今月七日は、昔ながらの七夕です。 […]

タイトルとURLをコピーしました