まとめ:Rを使ったHTML生成に関する記事(19/08/15 – 08/22)

今月15日から昨日22日までに書いた、Rを使ったHTML生成に関する7つの記事をまとめます。



概要

  • ウェブページ作成にあたり、普段使っているRを使いたいと思ったのがきっかけです。
  • htmltoolsパッケージを用い、a要素・ul要素・table要素の生成文字列としての出力を試しました。
  • purrrパッケージのpmap関数%>%演算子を使い、コードの簡略化も行いました。

記事一覧

HTML要素生成のテスト

まず、htmltoolsを試しに使ってみました。

RでHTML要素(a, ul, table)を生成する(htmltools利用)

a要素・ul要素の生成

a要素・ul要素に関し、コードの簡略化・データフレームからの生成を試しました。

Rでリスト要素の重複した記述をまとめる(purrr::map利用)

Rのデータフレームから、a要素を項目とするul要素を作る(htmltools利用)

table要素の生成

table要素に関し、コードの簡略化・リストからの生成を試しました。

Rのデータフレームからhtmlのtable要素を作る(htmltools利用)

Rのリストからhtmlのtable要素を作る(htmltools利用)

HTML要素をまとめて出力

生成したHTML要素をまとめて出力しました。

Rで複数のHTML要素をひとまとめにして、文字列として出力する(htmltools利用)

おわりに

取り急ぎ、私にとって必要な知識は整理できました。
さらに必要になったり、リクエスト(?)があったりすれば、続編を書こうかなと思います。
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] まとめ:Rを使ったHTML生成に関する記事(19/08/15 – 08/22)今月15日から昨日… […]

タイトルとURLをコピーしました