Pythonのリストとタプルの違い

Pythonのリストとタプルについて、その違いを整理します。

Pythonのリストとタプルの違い

リストタプル
要素(値)の変更可能(mutable)不能(immutable)
要素の型たいてい同じ複数が多い
アクセス方法たいていイテレート(例:for文)アンパック操作(例:*t)やインデックス(例:t[0])が多い

この表は、Pythonのチュートリアル(3.7.4)を基に作成しました。

おわりに

リストとタプルは両方とも基本的なシーケンス型(他にrangeオブジェクトもあり)です。
そのため、Python初心者の中には、その使い分けが難しいと感じる方もいるのではないでしょうか。
ぜひ、上記の表を参考にして下さい。
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
Python 情報処理
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました