リテラルについて些細な話 | Python

Pythonのリテラルについて些細な話をします(Pythonに限らないかも)。

  • 文字列リテラルは、クォーテーション接頭辞(rなど)も含む
  • 数値リテラルには、符号は含まれない

リテラルとは

リテラルは、プログラムの中で文字列や数値が書かれている部分のこと。

もしくは、定数が表記されている部分のこと。

リテラルには、文字列リテラルと数値リテラルがあります。

参考:
2.4. リテラル(Python 言語リファレンス; 3.7.4)

リテラルについて些細な話

細かい話ですが、文字列リテラルには、クォーテーションやrなどの接頭辞も含まれます

例:
“abc” は、最初の「”」から最後の「”」までが文字列リテラル。
r”C:\Users\Public\Data\” は、最初の「r」から最後の「”」までが文字列リテラル。

参考:
2.4.1. 文字列およびバイト列リテラル(Python 言語リファレンス; 3.7.4)

また、数値リテラルには、符号は含まれません

例:
-1 は単項演算子「-」とリテラル「1」を組み合わせたもの。

参考:
2.4.4. 数値リテラル(Python 言語リファレンス; 3.7.4)

おわりに

今回の記事は、Pythonの知識を整理するついでに書きました。
リテラルの意味を正確に知らなくても、プログラミングはできると思います。
細かいことが気になる方は、「参考」として記載した言語リファレンスをご覧ください。
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] に関しては、こちらの記事で取り上げています。また、0x […]

タイトルとURLをコピーしました