ディスプレイ端子:DVIと今後の主流

昨日の記事で取り上げた「DVI端子」は3種類あります。

  • DVI-A:アナログ転送
  • DVI-D:デジタル転送
  • DVI-I:デジタル・アナログ転送

DVIの中では、DVI-Dが主流のようですね。
昨日の記事で取り上げた研究所PCのディスプレイ端子は、まさにDVI-Dです。
また、DVI-Aはほとんど使われていないとのこと。

ただし、今後主流になるディスプレイ端子は、DVIの後継であるDisplay PortやHDMI
確かに、最近買ったディスプレイには、Display PortとHDMIのケーブルしか付いませんでした
端子もDisplay Portが1つ、HDMIが2つ、VGAが1つ。
VGAはケーブルが無かったので「古いパソコン用に付けておこう」といった感じですかね。

ディスプレイ端子と言えばVGA(青いアレ)とのイメージがありました。
私はハードウェアには疎いので、時代に取り残されていたのかも知れません。
気をつけないと。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
情報処理
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました