ドメイン変更作業の見直し(PuSHPress) | WordPress

引き続き、先日行なったドメイン変更作業の見直しをしています。

【完了】WordPressの初期ドメインから独自ドメインへの変更 | XSERVER
WordPressの初期ドメインから独自ドメインへの変更、完了しました。 → 昨日の記事通り、データベースのインポートは不要でした。細かな作業が終えたら、まとめ記事を書く予定です。作業内容と結果作業内容準備独自ドメ...

今回見直すのは、PushPressの設定です。

見直した結果、設定項目が無かったので、特に問題はなさそうでした。
しかし、メンテナンスやサポートに問題があることに気づきました。
そのためアンインストールし、代替のプラグイン(WebSub/PubSubHubbub)を利用することにしました。

状態確認

PuSHPressは検索エンジンへの記事のインデックス(登録)を早くしてくれるプラグインです。
設定項目は存在しないため、ドメイン変更に伴う作業は特に必要ないと判断しました。

しかし、このプラグインのサイトを見てみると、最終更新が2年前であり、冒頭にこのように記載されていました。

このプラグインは WordPress の最新3回のメジャーリリースに対してテストされていません。もうメンテナンスやサポートがされていないかもしれず、最新バージョンの WordPress で使用した場合は互換性の問題が発生する可能性があります。

PuSHPress – WordPress プラグイン | WordPress.org

対応

上述のように、PuSHPressを使い続けるのは避けた方が良いようです。

そのため、代替としてこちらのプラグインをインストールすることにしました。

WebSub/PubSubHubbub
あなたのブログが更新されたときに世界に伝える良い方法。

おわりに

ドメイン変更作業の見直しとして、PuSHPressの設定を見直しました。
見直し作業により、メンテナンスやサポート上の問題に気づくことができ良かったです。
皆さんもお気をつけ下さい。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました