【Python】Windows Anacondaの仮想環境でemacs-jediを使う

ちょっと強引かも知れませんが、ご参考まで。

VENV_ROOT/python.exe へのリンクを VENV_ROOT/Scripts/直下に作成します。
※VENV_ROOTは仮想環境のルートディレクトリ
そうすると、emacs-jediはconda createで作った仮想環境のパッケージを見て補完してくれるようになります。

詳しい手順

  1. Jedi.elのインストール&設定を行ないます
    • インストール&設定方法はこちら (Quick start)
  2. VENV_ROOT/python.exe へのリンクを VENV_ROOT/Scripts/直下に作成します
    • VENV_ROOTは仮想環境のルートディレクトリ
  3. EmacsでPythonのファイルを開き、仮想環境をアクティベートします
    • アクティベートにはconda.elを使います
    • インストール&設定方法はこちら(basic usage)
    • アクティベート用のコマンド: M-x conda-env-activate
  4. バッファをリバートします
    • M-x revert-buffer

これで、仮想環境のパッケージが補完されるはずです。

おわりに

Windows Anacondaの仮想環境でemacs-jediを使う方法について説明しました。
ちょっと強引かも知れないので、自己責任でお試し下さい。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました