【Emacs】関数再定義(advice-add)の簡単な例

関数再定義(advice-add)の簡単な例を示します。

(defun my-find-file (old-func &rest args)
  (print args)
  (apply old-func args))

(advice-add #'find-file :around #'my-find-file)

これでファイルを開く(C-x C-f)とき、ファイルが開かれるだけでなく、Messageバッファに引数(args)が出力されるようになります。

削除するときはこちら。

(advice-remove #'find-file #'my-find-file)

ちなみに、#’symbol(function symbol) と同じ意味です。

おわりに

今回の記事は、こちらのページを参考にしました。
advice – How do I use nadvice? – Emacs Stack Exchange

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
Emacs 情報処理
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました