【Python】seeモジュールで使えるワイルドカードの特殊文字

昨日のseeモジュールで使えるワイルドカードの特殊文字を紹介します。

ワイルドカードの特殊文字を使うと、似た文字列をまとめて表わせます
例えば、.nan* によって、.nanmax, .nanmean, .nanmin といった .nan から始まる文字列をまとめて表わすことができます。

ワイルドカードの特殊文字

Pattern意味
*すべてにマッチします
?任意の一文字にマッチします
[seq]seq にある任意の文字にマッチします
[!seq]seq にない任意の文字にマッチします

引用元:fnmatch — Unix ファイル名のパターンマッチ — Python 3.8.0 ドキュメント

解説

seeモジュールのワイルドカードパターンは、fnmatchモジュールで使われているものと同じようです。

This accepts a shell-style wildcard pattern (as used by the fnmatch module):

引用元:Usage — see 1.4.1 documentation

そのため、上記の表はfnmatchモジュールのページから引用しました。

昨日の記事などを参考に、ワイルドカードの特殊文字を使って、いろんな絞り込みを試してみてください。

おわりに

seeモジュールで使えるワイルドカードの特殊文字を紹介しました。
Unix/Linuxなどにも応用できるので、ぜひ使いこなして下さい。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました