ユーザーエージェント文字列の確認方法

Chromeの場合

  1. F12押下
  2. Consoleタブクリック
  3. navigator.userAgent と入力し、Enter押下

で確認できます。

ユーザーエージェント文字列とは

ブラウザやOSの判定に用いられる文字列のことです。

参考: ユーザーエージェント文字列を用いたブラウザーの判定 – HTTP | MDN

具体例

私の場合(Windows10, Chrome)、ユーザーエージェント文字列はこのようになりました。

"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/77.0.3865.120 Safari/537.36"

なぜかSafari」の文字列が…

おわりに

ユーザーエージェント文字列の確認方法について説明しました。

紹介した参考ページには、このように記載されています。

ユーザーエージェント文字列を使用してブラウザーを判定することは簡単に見えますが、うまく行くようにするのは、実はとても難しい問題です。

ユーザーエージェント文字列を用いたブラウザーの判定 – HTTP | MDN

たしかに具体例では、使用していない「Safari」の文字列が入っていたので納得ですね。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

  1. […] 上に表示されているのは、昨日紹介したユーザーエージェント文字列です。昨日の記事では私のOSやブラウザに関する情報を記載しましたが、上記はこの記事をお読みのあなたに関する情報です。あやしいサイトで「Chromeを使っていますね。情報が漏れていますよ!」みたいな表示を見てもご心配なく。この程度の情報は簡単に取れますので。 […]

タイトルとURLをコピーしました