2019年11月の星空情報

この記事では、2019年11月の星空情報をお伝えします。

記事の概要です。

  • 秋の四辺形を目印に、二等星と星座を見つけましょう。
    • 二等星: くじら座のデネブカイトス
    • 星座: カシオペヤ座

月の様子です。

  • 10/28 〇(新月)
  • 11/12 ●(満月)
  • 11/27 〇(新月)

デネブカイトスの見つけ方

先々月先月に取り上げた秋の四辺形が目印になります。

先月の記事では、秋の四辺形の西側の辺に沿って視線を南に落とすと、フォーマルハウトが見つかることをお伝えしました。
デネブカイトスに関しては、東側の辺を使います。

まず、今月の19-21時に夜空を見上げると、天頂付近に秋の四辺形を見つけることができます。
見つかったら、秋の四辺形の東側の辺に沿って視線をに落として下さい
そうすると、南の空の低いところにやや明るい星を見つけられると思います。
それが、デネブカイトスです。
デネブカイトスは二等星なので、一等星のフォーマルハウトよりは暗いです。

デネブカイトスは「くじらの尾」という意味で、くじら座の尾の部分に位置している二等星です。
ただ、くじらと言っても、お化けくじらなので、星座絵は怖いイメージになっていると思います。
また、このくじら座には有名な変光星「ミラ」も含まれています。
ミラは、今月極大になるようです。
デネブカイトスが見つかったら、東の方に視線を動かしてみて下さい。
赤っぽい星を見つけられたら、それがミラかも知れません。

カシオペヤ座の見つけ方

カシオペヤ座は有名なのですぐに見つけられるかも知れませんね。
W(もしくは M)の形に星が並んだ星座です。

見つけ方はデネブカイトスと同様に秋の四辺形のの辺を使います。

まず、19-21時に天頂付近の秋の四辺形を見つけます
見つけたら、秋の四辺形の東側の辺に沿って視線をに移動させて下さい。
そうすると、W(もしくは M)の形に星が並んだカシオペヤ座が見つかると思います。

このカシオペヤ座は北極星を見つけるために使われます。
まず、カシオペヤ座の両端を延長させ、交点を作ります
その交点から、カシオペヤ座の真ん中の星に向かって視線を移動させて行くと、その延長上に北極星が見つかります。
図も作成したので参考にして下さい。

このカシオペヤ座もデネブカイトスを含むくじら座も、それらにまつわる神話は興味深いです。
機会があればブログに記載しようと思います。

おわりに

11月の星空、ぜひご覧ください!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました