2019年12月の星空情報

この記事では、2019年12月の星空情報をお伝えします。

記事の概要です。

  • まだ、秋の星空です。
  • ふたご座流星群(15日極大)は条件が悪いです。
  • 日食(26日午後)の観察は、必ず、日食グラスなどを使いましょう。

月の様子:

11/27 〇(新月)
12/12 ●(満月)
12/26 〇(新月)

まだ秋の星空

だいぶ寒くなりましたが、星空はまだ秋です。

12月中旬の20時ころなら、天頂のやや西に秋の四辺形が見られるはずです。

秋の四辺形については、こちらのページを参照くださいませ。

2019年9月の星空情報
この記事では、2019年9月の星空情報をお伝えします。記事の概要です。・秋の四辺形を見つけましょう。・中秋の名月を楽しみましょう(ポイントは、月の模様と大きさです)。秋の四辺形を見つけましょう秋の四辺形を知って...

ふたご座流星群は条件が悪い

毎年冬に観察できる、ふたご座流星群。

今年は、15日の午前2時頃が極大とのこと。

ただ、月が満月に近いので条件は悪いです。

夜空の中で、できるだけ暗い部分を眺めていると、もしかして見つけられるかも知れません。

日食の観察は日食グラスなどを使う

26日の午後、部分日食が起こります

日本では1月6日にも部分日食が見られたので、今年2回目の部分日食ですね。

ご存知だと思いますが、大事な注意点です。

部分日食を見るときは、必ず、日食グラスなどを使って目を保護して下さい。

おわりに

12月の星空、ぜひご覧ください!
では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました