SATAに似ているけど、ちょっと違ったら

それは、SAS(Serial Attached SCSI)です。

SATA-USB変換ケーブルを無理に押し込むと壊れます。

SATA(Serial ATA)もSASもハードディスク(HDD)の規格。

研究所にあるワークステーションのHDDを整理していたら、とあるワークステーションに搭載されている3つのHDDのうち、1つがSASで、残り2つがSATAでした。

全てSATAだと思っていたので、SASを目の当たりにしてちょっとびっくり。

何とか事なきを得ました。

SAS-SATA変換アダプタも持っていた方が良いのかな?


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
情報処理
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました