robocopyでドライブを丸ごとコピーするサンプル | Windows

CドライブをF:\Backup\misaki-pc\cへコピーするサンプルは以下になります。

set FROM=C:\
set TO=F:\Backup\misaki-pc\c
robocopy %FROM% %TO% /MIR /DCOPY:T /R:0 /W:0 /XD "System Volume Information" "$RECYCLE.BIN" /NP /NDL /XJ
attrib -H -S %TO%

オプションの説明は以下です。

               /MIR :: ディレクトリ ツリーをミラー化します (/E および /PURGE と
                       同等)。

/DCOPY:コピーフラグ :: ディレクトリにコピーする情報 (既定値は /DCOPY:DA)。
                       (コピーフラグ: D= データ、A= 属性、T= タイムスタンプ)。

               /R:n :: 失敗したコピーに対する再試行数: 既定値は 1,000,000。
               /W:n :: 再試行と再試行の間の待機時間: 既定値は、30 秒です。
/XD dir [ディレクトリ]... :: 
                       指定された名前/パスに一致するディレクトリを除外します。
                /NP :: 進行状況なし - コピーの完了率を表示しません。
               /NDL :: ディレクトリなし - ディレクトリ名をログに記録しません。
                /XJ :: 接合ポイントとシンボリック リンクを除外します (通常は既定で含まれます)。

昨日の記事で説明したように、/XJは忘れずに。

robocopyでドライブを丸ごとコピーするときの注意点 | Windows
/XJを使った方が無難だと思います。/XJ :: 接合ポイントとシンボリックリンクを除外します (通常は既定で含まれます)。理由は、ループする可能性があるからです。今日、robocopyでドライブ丸ごとコピーしたら...

あと、attribでファイル属性を変更しておきましょう。
表示されなくなる可能性があるためです。

attribオプションの説明です。

  -   属性を解除します。
  S   システム ファイル属性。
  H   隠しファイル属性。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

コメント

タイトルとURLをコピーしました