sfパッケージで、geometryカラム(sfc)に属性(attributes)を付与する方法 | R, sf

st_sfを使います。

例:

st_sf(a = 3:4, sfc)

サンプル

まず、geometryカラム(sfc: simple feature geometry list-column)を作成します。

sfc <- st_sfc(st_point(1:2), st_point(3:4))

次に、st_sfを使って属性を付与します。

sf  <- st_sf(a = 3:4, sfc)
class(sf)
[1] "sf"         "data.frame"
cbindを使うと、普通のデータフレームになってしまいます。
class(cbind(data.frame(a = 3:4), sfc))
[1] "data.frame"

おわりに

今回の記事は、以下を参考にしました。

sfパッケージのvignette(sf: objects with simple featuresの説明の箇所)には、Simple featureSimple feature geometry list-column (sfc)、Simple feature geometry (sfg)の関係が図示されているので、「それぞれの関係が良く分からない」と感じていらっしゃる方は一度ご覧ください。

では。


YouTube: ミサキさん

問い合わせ先
Mail: caprico.aries@gmail.com
Twitter: https://twitter.com/caprico_aries(無言フォローもお気軽に)

スポンサーリンク
記事を書いている人
ミサキ

プログラマ(@東京の国立研究所)として働きながら,占い師(の卵)としても活動しています.そのため,占いモニターを定期的に募集しています!⇒占いモニターのページ.実は,天文学の博士でもあります☆彡

詳しいプロフィールはこちら

ミサキをフォローする
R 情報処理
スポンサーリンク
ミサキをフォローする
プログラマー&天文博士&占い師 ミサキのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました